あなたの人生を応援するウェブマガジン!

アロマは癌にも有効?知っておくと良いアロマセラピーの事

スポンサーリンク

1

ミントからシトラス等々様々な香りで私達をリラックスさせてくれるアロマ、良い香りで気持ちをリラックスさせてくれる他にもストレスの緩和や鼻炎や頭痛の解消効果を望まれているモノ様々あります。

 

アロマの専門店のみならず雑貨屋の一角でもコーナーが作られているので手軽に好きな香りの精油を購入してアロマを楽しめるのも良いですよね。

猫や犬を飼っているお宅ですと柑橘系のアロマは嫌がりそうですが、難しい事は特に無く、興味がある方が気軽に手軽に楽しめるというのは嬉しいですね。

 

そして風邪や鼻炎、頭痛生理痛の緩和をしてくれると言うのも嬉しいと思います。あくまでも緩和ですが、それでも痛みや辛さを少しでも和らげてくれるのは良い事ではないでしょうか?

 

そのアロマを用いた治療法アロマセラピーですがどうやら癌にも効果があるようです。

 

癌に効くというのはどれほどの効果なのか、あくまで完治ではなく緩和なのでしょうけどもそれでも効果があるというのは凄い事なのでは無いでしょうか?

 

それでは、今回はそのアロマセラピーと癌について見て行きましょうか?アロマは香りを楽しめる反面強い臭いが刺激となってしまう場合もあります。

 

ですので、良い面と注意する面、両方を見ていければ良いと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

 

アロマセラピーってどんな事?どうやるの?

芳香性のある精油(エッセンシャルオイル)を使い香りを楽しみながらリラクゼーションを得る、更には病気の治療や症状の緩和等に利用される治療法をアロマセラピーと呼びます。

 

方法としてはアロマランプやお湯を注いだカップに精油を数滴垂らしてその蒸気からでる香りやハンカチやタオルに直接精油を垂らしその香りを直接嗅ぐ芳香浴、お風呂に精油を数滴垂らし身体を付けるアロマバス、精油を希釈して直接身体に塗る、湿布を貼る等の方法があります。

 

希釈した精油をしようしてマッサージをするアロママッサージ等もあるようです。

 

アロマが治療に有効なメカニズムは?

 2

 なぜ、アロマが癌の他にも様々な症状に有効なのかというと、鼻腔内にて香りが神経系に作用する。

皮膚から香りが直接吸収され局所に作用する、更に吸収された成分が血流に乗って神経系や内分泌系等に全身的に作用をする。

香りを吸引する事によって、気道や粘膜から吸収され局所に作用する他、吸収された成分が血流に乗って神経系や内分泌等々全身的に作用する…そうです。

 

アロマセラピーが癌の患者さんの生活質を改善するかどうかの検討をする臨床試験は多く行われているそうです。

 

緩和治療中の患者さんのマッサージを行う際、アロママッサージを行った場合と、そうでない場合とで精神的症状や身体的症状の効果を比較した所、マッサージのみの場合よりもアロママッサージを行った場合の方が改善効果有りという報告があるようです。

 

乳がんの患者さんの手術後にアロマセラピーを行う事によって患者さんの生活の質が改善する可能性もある事が解っているそうです。

ですが、逆に効果が認められなかったという報告も有るので、今後さらに検討が必要らしいです。

 

病気の症状はストレスも関わっている場合がありますので、ストレス解消や緩和に効果のあるアロマはそれに関わっているという事なのでしょうか?

とにかくリラックスしながら治療効果も望めるのは良い事だと思います。

 

良い事だけでは無い、注意するべき事は?

さて、このアロマセラピーですが良い事だけという訳にもいかないようです。怖がらず、安全に使用する為にもどのような注意が必要なのかを見て行きましょう。

 

精油には女性ホルモン(エストロゲン)の作用を持っている特殊なモノもありようなので女性ホルモンが悪影響を及ぼす可能性のある乳がんや子宮がんの患者さんは利用を避けた方が良いそうです。

 

ケード、ケッサラス、バジル、タラゴン、カンファー(ブラウン、イエロー)等々が発がん性を有する可能性があるので避けるべきと言われているそうです。

 

アロマに用いる精油の種類によっては稀に皮膚を刺激してしまう事があるそうです。アロマセラピーを行った際に皮膚に痛みを感じる場合や赤くなって痒くなってしまう場合は使用を避けた方が良いと思います。

 

治療目的でアロマを使用する場合はどちらにせよ、専門知識にたけた人技術を持っている人に相談をして置く必要はあるようです。

 

アロマは癌にも有効?知っておくと良いアロマセラピーの事まとめ

・アロマセラピーは精油の香りを利用した治療方法

・癌患者さんの臨床試験で効果が報告されている

・モノによっては悪影響が有るモノもあるので使用の際は専門の知識のある人に相談をして置く必要は有る

 

…以上でしょうか

アロマはにおいを楽しむモノですが香りは強すぎると刺激物になりかねませんので病気じゃ無くとも使用上の注意はしっかり守るべきだと思います。

個人的にはアロマキャンドルも好きなのですが猫がいる家庭はネコパンチによる被害を受ける可能性があるので避けた方が良いと思います。
【アロマテラピー】アマゾン




キャリアから人生相談まで。300名の専門家が、あなたの課題解決をサポート!
匿名・完全予約制【ボイスマルシェ】





今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

インターネットモール通販ランキング第一位男性サプリ

大人のカロリミット お試し2週間分!今ならもう1袋付いてくる!

関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)