あなたの人生を応援するウェブマガジン!

汗のかゆみ対策!かゆくなる前にできること&アフターケア!

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

image1

これから夏本番!

日差しもどんどん強くなり、

お肌のケアが重要になりますよね。

年々温暖化が進んで、

夏は外に出るだけで汗がだらだら。泣

そしてそこがかゆくなる。大泣

そんな悩みを抱いている人、少なくありません。

夏を目の前にして、

こういう風に言っている私こそ

すでにその症状にやられています。

もっとケアを怠らなければよかった・・・と後悔。

ということで、

汗をよくかくこの季節、

汗のせいで起こるかゆみの対策についてご紹介します!

汗をかくとかゆくなるのはなんで?

汗をかくこと自体は、

体内の老廃物を排出したり

皮膚温度を下げたりと

重要な役割をしているのですが、

かゆくてたまらず、

「なんでかゆくなるのよ?!」って

怒りたくなります。

なぜ汗でかゆくなるのか、

いくつか理由があるんです。

皮膚表面のバランスが崩れるから

皮膚表面は、

細菌によって弱酸性に保たれているって知ってましたか?

汗というのは

体の中のミネラルなどを含んだアルカリ性なので、

汗をかくことによって皮膚もアルカリ性に傾くんです。、

そうすると、皮膚表面はもろに外的環境を受けやすくなるんですね。

その結果、

外からの刺激を受けやすくなるし、

余計な細菌まで繁殖してしまうのです。

汗をかいた後に皮膚が乾燥するから

汗をかくと皮膚表面は潤っている(濡れている)ような気がしますが、

実はその逆です。

体内の水分が汗として蒸発する際、

肌自体の水分も一緒に蒸発しているんです。

だから、汗をかくと、

皮膚表面は乾燥して、

少しの刺激にも敏感になってしまいます。

汗をかいた後にあせもができてしまうから

汗は皮膚表面の汗腺から出てきます。

ですが、

その汗腺が衣類によって密閉されてしまった状態だと、

汗は蒸発できずに溜まってしまいます。

そう、これが湿疹となる「あせも」です。

かゆくなる前にできる防止策

image2

では、どうしたらかゆくなる前に防げるのでしょうか?

さきほど挙げた3つの要因ごとに、

対策を考えてみます。

まず

皮膚表面のバランスのくずれ

への対策ですね。

これは、汗で皮膚表面がアルカリ性になることを防げばよいでしょう。

そのためには、

汗をかいたらすぐにシャワーで洗い流すのが一番いい方法です!

でも、そんなすぐにシャワーを浴びれるような状況にはいられないと思うので、

汗をかいたら、すぐに吸水性の優れたタオルで

汗を吸い取りましょう。

皮膚表面に汗を残さないことが第一です。

その際はごしごし拭かず、

タオルに汗を吸わせるようなイメージです。

シャワーの時も石鹸等は使わずに、

ぬるま湯だけで洗い流すのがベストです。

汗をかいたあとの乾燥

への対策としても、

まずは汗を洗い流した後、十分な保湿を心がけることです。

汗をかいた後のあせも

の対策としては、

こまめにその部分をふき取り、

1.2.と同様に洗い流すことです。

そして、通気性がよくて肌に優しい素材の衣類を身に付けます。

私の場合、この.3.の「あせも」が原因です。

恥ずかしながら、

下着のウエスト部分にあせもができました。泣

やはり皮膚に密着しているところがなりやすいんです。

数日前の暑いなか、

子どもの世話やら家事やらに追われていた時、

ふと「シャワーあびようかな」と思ったのですがすぐには処置できず。

結果あせもとなってしまいました・・・

早速、ウエストゴムのない通気性のよいスポーツタイプを買いました。

そのほかの予防策

image3

さきほどは汗をかいてからの予防策をあげてみました。

汗は出るものです。

出なくてはならないものです。

では、その他にできる対策を考えてみましょう。

それは、肌自体を改善してかゆみを防ぐこと。

肌のバランスを保つことが重要です。

皮膚表面は「皮脂膜」によって、

水分蒸発を防いだり

紫外線から守られたり

細菌の増殖を防いだり

されています。

その皮脂膜を作り出すために、

皮脂を具合よく分泌させる方法があります。

○入浴後の保湿液は、分量を守って使用する。

塗りすぎないことで、皮脂自らの分泌を促す。

○半身浴で代謝を上げて、皮脂の分泌を促す。

○植物性脂肪を心がける。(アボカド、オリーブオイル、ナッツ類など)

それでもかゆい!場合は

image4

耐えるつらさということでいったら、

かゆみは痛みよりも勝ります・・・

かゆみがでてしまったら、まずはかかない

そして冷やしましょう。

清潔なタオルを水で濡らす、

または保冷材を清潔なタオルで包み、

かゆい部分にやさしく当てます。

あとは、市販のかゆみ止めがありますよね。

あれも軽い症状であれば効果があります。

ただ、そのかゆみ、

原因が他にある可能性もあります。

例えばアトピー性皮膚炎など。

あまりにもかゆみがひどい時や

皮膚表面がただれてしまったり掻きむしりすぎてしまった時などは、

皮膚科に通い診断を受けましょう。

素人判断で数々の市販薬を試すのは絶対やめましょう。

汗のかゆみ対策!かゆくなる前にできること&アフターケア!  まとめ

  1. 一言で「汗によるかゆみ」といっても原因は様々!
  2. 汗をかいたら、シャワーをあびるなどの早めの処置を。
  3. 皮脂膜は肌にとって重要な役割がある。
  4. かゆくてもかかずに冷やす。
  5. ひどい時はちゃんと皮膚科を受診する。

できれば汗はかきたくない。

できれば肌の皮脂もおさえたい。

普段いやだな~と思っていることが、

結構重要な役割を担っていたりするんですよね。

その役割を知ったうえで、

予防策や汗をかいた時の対策、しっかりとやっていきたいものです!

すてにかゆみと戦っている私も、

もっと気を付けて夏を迎えようと思います!


キャリアから人生相談まで。300名の専門家が、あなたの課題解決をサポート!
匿名・完全予約制【ボイスマルシェ】





今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

インターネットモール通販ランキング第一位男性サプリ

大人のカロリミット お試し2週間分!今ならもう1袋付いてくる!

関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事
No articles