あなたの人生を応援するウェブマガジン!

あそこの黒ずみ…気になるけど大声では言えない悩みについて

スポンサーリンク

 1

 あそこ…デリケートゾーンと言うべきでしょうか?そこを始めとした腋やビキニライン、膝、そして乳首等々の皮膚の黒ずみは女性が抱える永遠の悩みの一つですね。

 これから夏が来て露出が増える服装をしても膝や腋が黒くちゃかっこ悪い…

 色白で透き通った肌…なんてものに憧れて自分の姿を上から先まで見て白や綺麗なピンク色なんて程遠くむしろ茶色いなんて感想になったりしませんか?

 乳首やあそこが黒ずんでいる子は遊んでいるなんて噂も流れている…等、憧れとは程遠い状態に絶望している若い娘さんの方々!若い娘さんと言う表現もどうなのだろうかと思いますが落ち着いて下さい!!

 これからの季節に向けて、黒ずみの原因そしてケアの方法を一緒に捜していきましょう!!後、女の子は皆白くて綺麗とか幻想を抱いている男性の方々はまず一緒に知っていってください!!あなたの彼女がどれくらいあなたの為に苦労をしているかを!!

 それではやや感情的なスタートとなってしまいましたが話題が話題なので普通のテンションではちょっとやり辛いので、私の絡みづらいテンションと共にお付き合いいただけると幸いです。

焦らなくてもOK!!黒ずんでいるのは貴女だけじゃない

 デリケートゾーンや乳首、腋、膝等々の黒ずみですが…はっきりと言ってしまえば日本人含む東洋人の多くが黒ずんでいるらしいです。

 黒ずみはメラニン色素の働きによる物で、特に先に述べている箇所はメラニン活動が活発なのです。メラニン色素は遺伝や人種、そして年齢によって違います。

 白人の方はメラニン色素の活動の活性は低い為白く、黒人の方は逆に高い為に黒いようです。我々黄色人種である日本人はその中間という事です。

 日本人でも肌のタイプが違うようでそこでも黒ずんでしまうタイプが違うようです。

・ジャパニーズスキンタイプ1

白人に近く、乳首も淡いピンク色らしいです。メラニン色素の活動も活性が低いようで日焼けしたら赤くなるだけで黒くはならない人はこのタイプらしいです。

・ジャパニーズスキンタイプ2

 日本人はこのタイプが一番多いらしく、乳首が茶色、薄茶色らしいです。日焼けをすると赤くなった後に黒くなる人はこのタイプです。

・ジャパニーズスキンタイプ3

 最も黒ずみやすい人らしいです。日焼けしても赤くならずすぐ黒くなる人はこのタイプらしいです。

 元から白い肌の方を羨ましく思うでしょう…ですが。メラニンは肌が刺激を受けた際にそれを保護しようする組織なのでそのメラニンの活動があまり活発ではないという事で直射日光等々にかなり弱いという事になるので夏場はかなり大変だと思います。

 私たち黄色人種である日本人はそのメラニンが中間という事なのであそこや乳首が黒ずんでいて当たり前!!と考えていて良いという事になります。

 

 乳首が黒い女の子は遊んでいる(性にだらしない)という話があるそうですが…これは都市伝説らしいですよ!! そこはクリニックのお医者さんがハッキリと否定してくれているので黒い事で悩んでいる子は安心して下さい。間違った先入観を持っているアナタは今すぐそれをゴミ箱に捨てて下さい。

黒ずみの原因って何?どいう事

 黒ずんでいて当たり前と言われてもやはり黒ずんでいるのは嫌だという方は多いでしょう…。では、次は黒ずんでしまう原因を見ていきましょう。

 当たり前ですが、デリケートゾーンだって立派な肌の一部です。黒ずんでしまう原因を大まかに上げていくと「メラニン」「ターンオーバーの乱れ」「ホルモンバランスの乱れ」という事になります。

 メラニンはシミの原因の他に肌を黒ずませる原因になります。先程も述べましたがメラニンが生成される仕組みは、肌が日光等の刺激を受けた際、肌がそれを保護しようとメラニン色素を出し結果黒くなる…という事のようです。

 次にターンオーバーの乱れです、ターンオーバーとは新陳代謝の事で、表皮の生まれ変わりの事を指します。表皮は約28日かけて角化をし、やがて角質となりフケや垢として剥がれていく…という代謝サイクルを行っています。

2

 紫外線や外部刺激によりメラニン生成されメラニン色素で黒ずんだ肌も時間をかけてゆっくりと肌色に戻すのですが、くすみやシミとなり黒ずんだ状態で留まってしまう場合があるそうです。

 肌の新陳代謝の乱れや低下によって古い角質が剥がれ落ちなくなってしまったメラニン色素が沈着したままになり肌のシミや黒ずみが出来てしまい、ターンオーバーが正常に行われなかった為に結果黒ずんでしまうらしいです。年齢と共にターンオーバーも低下していきます。

 ターンオーバーが乱れてしまうと肌のくすみや肌のキメが粗くなる、傷の治りが遅くなる、しわの原因、肌の硬化、乾燥肌の原因と黒ずみの他にも様々な肌トラブルを引き起こしてしまうようです。

 女性には切っても切り離せない「ホルモンバランス」こちらもターンオーバーが正常に機能しなくなる原因になります。

 生理不順や体毛が濃くなる、冷えやすくなる、感情のコントロールが難しくなる、疲れやすくなる等々のトラブルも起きます。

 女性ホルモンは2つに分けてエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲストロン(黄体ホルモン)となります。この2つのホルモンの働きで約28日周期の月経サイクルが生まれる訳です。

 エストロゲンは肌の新陳代謝を促す、女性らしい体作りをする、皮脂の分泌を抑制する、皮膚に水分を蓄え角質化を防ぐ役割があります。

 プロスゲストロンは妊娠に備え、メラニンの働きを活発にし、皮脂の分泌を活発化させます。

 一見するとプロゲストロンはあまり良くないのでは?と思うかもしれませんが、メラニンは肌を保護する役割、皮脂は乾燥肌を防ぐ役割があるので悪い物では無いと思います。

 ホルモンバランスが崩れ、肌の新陳代謝が悪くなりターンオーバーが乱れてしまい結果肌の黒ずみが加速する…という事のようですね。

どんなケアをすれば良いの?

3

 先にも言いましたが日本人は白人である西洋や欧米の方と比較してメラニン色素の働きが活発なので肌質の差によって黒ずみ易さは違いますがまず日本人は大体黒ずんでいる…なので焦らないでゆっくりとケアする事が大事のようですね。

 ケアは今すぐ白く!!ではなくこれ以上黒くしないようにしつつ美白ケアを行うというのが良いようです。まずは悪化させない事ですね。

 刺激は黒ずみの原因になります。デリケートゾーンは24時間下着や衣類等々の刺激を受けています。かといって着ない訳にも行きませんので下着は自分にあったサイズや形状のモノを使用する事が大事ですね。

 締め付けの強い形状の物は強く当たる個所が黒くなります。ですので、普段は負担の少ない形状のモノボクサータイプが擦れないのでオススメらしいです。

 勝負したい人は勝負したい時にそういう形状のモノを装備すれば良いと思います(なんの勝負かは言いませんが)

 素材も通気性や吸湿乾加工の施された綿やシルク等が肌の刺激が少なくて良いようです。

 そして、自分にあった美白ケアクリームを使用して日々のケアを行ってください。

 レーザーで黒ずみを消すという方法もありますがこちらは医療保険が適用にはならない為に数十万も掛ってしまう上に医療トラブルのリスクも背負ってしまう可能性がありますのでオススメは出来ません。

 まずは焦らないでゆっくりケアしてください。極端に言えば黒くて当たり前!!という位の心構えで…

あそこの黒ずみ…気になるけど大声では言えない悩みについてまとめ

・タイプはあれども日本人は黒くて当たり前

・黒ずみの原因はメラニン

・そしてホルモンバランスとターンオーバーの乱れ

・焦らないでゆっくりとケアする事が大事

…いじょうでしょうか?

夏も近いのですがまずは焦らないでください。男性の方々は彼女が綺麗にしている事は自分の為に努力してくれているという事を頭に入れて上げて下さいな。

※おすすめはコチラです!
デリケートゾーン黒ずみケア美容液【ヴィエルホワイト】


気になるニオイにワキのエステ。デオプラスラボ

キャリアから人生相談まで。300名の専門家が、あなたの課題解決をサポート!
匿名・完全予約制【ボイスマルシェ】





今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

インターネットモール通販ランキング第一位男性サプリ

大人のカロリミット お試し2週間分!今ならもう1袋付いてくる!

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)