あなたの人生を応援するウェブマガジン!

夜眠れない…そんな時に薬に頼るのはYes?それともNo?どっち?

スポンサーリンク

 1

夜 眠れないなぁ…」この経験をした人はかなり多いと思います。明日行われるイベントが楽しみで眠れない、逆に不安で眠れない。寝る前にコーヒーを飲んでしまったから眠れない等々、理由は多種多様です。

そして、一時的に眠れないのでは無く長い期間、眠れない不眠症を患っている人は5人に1人という割合でいるそうです。

 

不眠症は睡眠障害の一種、立派な疾患です。本来ならば夜は眠る時間、明日に備えてしっかりと眠りたいものですよね?

 

では、眠剤等の薬を服用して眠るのは?…確かに睡眠誘導剤のように不眠症の人の為に処方されるお薬はありますね。申し訳ありませんが聞いたイメージはあまり良いモノではありませんね。

ですが、イメージだけで否定するのは全く良い事ではありません。薬に頼らざるを得ない人だっている訳ですので。

 

眠れない際、薬を服用する事は正解なのか?に頼る時にはどんな事を注意しなくてはならないのか?今回はそこを一緒に考えていきましょう。

 

 

これって「不眠症」?原因と症状

2

先にも述べましたが「眠れない」原因は様々です。次の日に大切なイベントがある為の楽しみや不安、昼に寝過ぎた、寝る前にカフェインを摂取した等の原因が明確な物もありますがこちらは解決すれば眠れるようになる人が多いと思います。

 

眠くて寝床についてもなかなか眠る事が出来ない入眠障害、夜中にトイレでも無いのに何度も目が覚めてしまう中途覚醒、起きる時間よりはるかに早く目が覚めてしまいその後眠る事が出来ない、眠れても浅い眠りでしっかり寝た感じがしない…

…こちらの症状が長い期間続いているのであれば「不眠症」である事は程確定だと思います。

 

不眠症の原因とされるのは

眠るために身体も眠れる状態にしたいのに部屋が明るかったり外等の音がうるさかったりと眠れる環境が整っていない事

仕事の不安や悩み事の心理的ストレスが原因、こちらの理由で眠れなくなる人はかなり多いと思います。

趣味や嗜好品が原因、夜中を趣味の時間にしてしまうとそちらの没頭してしまい眠る時間が無くなってしまいますね。そしてカフェインやアルコールも眠った時に浅い眠りになってしまう原因になります。

持病等の痛みや苦しさで寝付けない、不安や鬱症状等の精神疾患が原因…等

 

様々な理由があります。特に心理的ストレスは重ねれば重ねるほど鬱病等の精神疾患に繋がります。眠れないと考えも定まらなくなり余計に悪い方向の考えをしてしまうので、まずはしっかりと眠れるようにしなくてはなりませんね。

 

そういう場合、薬を服用する事で解決して良いのか?と疑問になりますが…

まずは、自分で解決方法を試してみた結果不眠が解消されない場合ならば病院を受診する事はオススメします。

不眠症は立派な病気です。きちんといた専門医の受診を受けるべきなのです。そこで処方された薬をしっかりと用法を守り飲む事は良いと思います。

 

…が、自己判断で勝手に市販の薬を服用するというのは、駄目だと思います

 

 

薬を飲む際のメリットとデメリット

きちんと医師の判断で処方されたお薬ですが、用法を守っても良い面悪い面は必ず出てきます。

 

まずは薬を飲む際の良い面…メリットですが。どうしても眠れない状態でもを飲む事で「とりあえず」眠れます。眠る為の薬なのですから。そして、眠りを誘発させるという事は鎮静作用がある訳ですので精神が不安定になった場合や情緒不安定になった場合も一時的に心を落ち着かせる事が出来るそうです。

まず興奮状態や精神に強い不安がある場合は眠る事が困難ですからね。

 

次にの悪い面…デメリットですが。

やはり、眠れない状態でも眠れるようになる薬なのでその分依存性も高いようで、一度使いだすと薬が無いと眠れないという状態になってしまう事が多いようです。

そして、アクマで薬はその場凌ぎなので薬を飲んだ事で「不眠症」が治る訳では無いです。原因を抱えたままですと不眠症自体が治る訳ではありません。

そして、副作用があるモノが多く肝臓に負担が掛ってしまうという場合もあります。

 

不眠の薬は専門医の正しい判断で正しい飲み方が出来る人が服用を許される薬です。安全に服用するために必ず医師や薬剤師の指示通りに服用してください。

薬を服用したら起きていないですぐに寝床に就く。

絶対にアルコールと一緒には飲まないで下さい!!そして女性は妊娠を考えている人や控えているという場合絶対に服用してはいけません。

眠れない状態から眠るようにしてくれる薬なので途中で起きないといけない場合は服用しない事をオススメします。起きる時間に起きる事が出来なくなりますよ。 

 

 

まず試してみて!!薬以外の解決候補

3

 以上の事から、薬を飲むのは最終手段だと思った方が良いのかもしれません。まず薬を飲む前に色々な解消方法を試してみる事をオススメします。

例えば…

不眠症の原因の多くは不安からの緊張等からきている場合が多い為にまずリラックスをする事…でしょうか?

リラックスといえば身近では入浴ですね。お気に入りの入浴剤でリラックスして身体を温めてみると良いかもしれません。

そして寝床もリラックス出来るような環境にする事が大事です。室温の快適温度ですが、夏は26℃~28℃、冬は18℃~23℃のようです。こちらを眠るときの数時間保てるようにしてみる事や、寝具等も自分に合った代物を用意すると良いかもしれません。

 

夜眠るという事を自然な事と身体に再度認識させる為に体内リズムを整える事も大事です。眠る前にカフェイン摂取やPC等、神経を昂ぶらせて脳を刺激するような事を避ける

床についても寝ながらスマホを弄る等の事は止めましょう…スマホ等のブルーライトの刺激は視力を落とす他に脳を刺激してしまい眠れなくなってしまいます。

 

一見良さそうな寝る前にお酒を飲む「寝酒」ですがアルコールは脳を麻痺させる為に眠れたとしても浅い眠りという場合が多い為にこちらも避けて下さい。

 

まず、捜せば捜すほど様々な方法が出てきますのでまだ余裕がある場合はこちらを試しても良いのではと思います。

夜眠れない…そんな時に薬に頼るのはYes?それともNo?どっち?まとめ

・夜眠れない場合は「不眠症」が原因の場合が多い

・「不眠症」は精神ストレス他様々な要因で発症している

・薬を飲む事自体は良い

・だが、医師の判断や指示に従える人の服用が許される代物

・薬はアクマでその場凌ぎのモノ

・用法や用量が守れない人、医師の判断に従えない人は絶対呑むな

・妊娠を考えている人や控えている人も避けて下さい

・薬以外の解決方法は多々あるのでまずそちらを試してみてからでも良い筈

…以上です。

 

どんな薬でも使用の注意をしっかり守るべきですし、特に睡眠を誘導させる程の強い薬は下手をすると大事故に繋がる可能性が高いです。

間違った服用をして事故になった場合あなたやその周囲を巻き込むのはもちろん、その後、その薬が本当に必要な人にまで影響が及ぶかもしれません。

 

眠れないのは辛い事で、必要な人が薬を飲む事は悪い事ではありません。しっかりと使用を守って安全に服用をするようにして下さい。

っとは言え薬ではなく まずコチラのサプリを試してみてください!!!かなりの効果が期待できます!

夜ぐっすり、目覚めスッキリ!!|ネムリス-nemlis


【半額】悪玉コレステロールの値を下げる!「トクホ」の豆乳

気になるニオイにワキのエステ。デオプラスラボ


キャリアから人生相談まで。300名の専門家が、あなたの課題解決をサポート!
匿名・完全予約制【ボイスマルシェ】




今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

インターネットモール通販ランキング第一位男性サプリ

大人のカロリミット お試し2週間分!今ならもう1袋付いてくる!


こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事
No articles