あなたの人生を応援するウェブマガジン!

ダイエットにおススメの魚肉ソーセージ!ホントに体に良いものなのでしょうか?

スポンサーリンク

image1

ダイエット時のお菓子には魚肉ソーセージがおススメと話題になっています。

私はソーセージが大好きです!

焼肉の時は肉よりソーセージ。水炊きやおでんもソーセージ。焼いても煮ても大好きです。

でもソーセージなどの加工品は気をつけないといけない食べ物の一つ。

何に気を付けるのか、ソーセージ好きの私がご紹介します‼

そもそもソーセージとはどんな食べもの?

image2

ソーセージとはひき肉などを塩や香辛料で味付けして動物の腸などに詰めた食べ物。

燻製して保存食とされることが多いです。

良く聞くのがウインナーソーセージ。

ウインナーソーセージは太さ2㎝未満で羊の腸に詰めたもの。

オーストラリアのウィーンに由来。

お祭りで見かけるフランクフルトソーセージ は太さ2㎝以上3.6㎝未満で豚の腸に詰めたもの。

ドイツのフランクフルトに由来。

どちらも日本が付けた名前です。

ソーセージはドイツ語でヴルスト。

日本で「フランクフルト」と呼ばれるソーセージは、本来はフランクフルト名産のヴルスト。

フランクフルター・ヴルスト(フランクフルト風ソーセージ)と呼ばれている。

また、日本で「ウインナーソーセージ」と呼ばれているソーセージは、オーストリア・ウィーンではそう呼ばれていません。

ソーセージはひき肉を豚などの腸に詰めたものなので体に影響がなさそうですが、何がいけないのでしょうか?

それは商品化するために使っている添加物が危険なのです。

添加物の危険性を知ったら、怖くて市販のソーセージを食べられないです。

ソーセージは危険な添加物がいっぱい

image3

私は乾燥肌で子供のころはアトピー性皮膚炎がひどかったです。

体質改善をしたくて食品について少し勉強してたときがあります。

そのときに興味をもったのが添加物です。

ソーセージのパックの後ろに原材料が載っています。

その原材料の表示を見てみると、これは安全な食べ物なのかなと思う材料名が載っています。

どういうものかをご紹介します。

リン酸塩(Na)

膨張剤や調味料、PH調整剤利用。
リン酸塩はとり過ぎるとカルシウムや鉄分の吸収が悪くなり、骨が脆くなったり、貧血になったりする可能性が。

ソルビン酸K

ソルビン酸カリウムは、試験管内の実験で遺伝子を傷つける毒性があると解っています。

着色料 赤102

発がん性があります。使用が禁止されている国もあります。

じんましんを起こすことがあります。

私の知り合いで疲れた時に加工品を食べるとじんましんが出ると言っていました。

これが原因かもしれません。

亜硝酸Na  亜硝酸ナトリウム 亜硝酸ソーダ

発色剤です。肉製品などをピンクの状態に保ちます。
この添加物は食品添加物の中では、急性毒性が非常に強いです。青酸カリと同じレベルです。
魚肉・魚卵・食肉などに含まれるアミンと胃の中で結合して、発がん性物質に変化します。

私は原材料の添加物を調べたときにぞっとしました。

ソーセージの添加物を知ってからは食材を購入するときは必ず原材料を確認するようにしました。

薬品のような材料が使っていたらできるだけ買わないようにしてます。

でもどうしてもソーセージが食べたい!

そんな私を救ってくれたのが無添加ソーセージ。

私を救った無添加ソーセージ

image4

ソーセージ自体は食べても危険はありません。

使っている添加物がダメなので、添加物を使っていないソーセージを食べたら良いのです。

それが無添加ソーセージ。

子供がいるのでいつもは減塩の無添加ソーセージを食べています。

私はソーセージを焼くのよりはゆでるのが好きです。

ゆでるとあっさりして食べやすく、ダイエットにもおススメ。

私も子供もパクパク食べます。

でもこの間は減塩ではなく普通の無添加ソーセージを焼いて食べたら肉の味が半端ないです。

肉の詰め物だから当たり前ですけど。

子供は味が濃かったのかパクパク食べず1本で満足していました。

添加物が入っていないソーセージはメインの食材になります。

無添加ソーセージに出会って私のソーセージ人生は変わりました。

ただ残念なのは無添加ソーセージがスーパーなどには売ってないです。

地域にもよるのでしょうけど。私の住んでいるところは田舎なので。

お肉屋さんに行っても無いです。肉屋に行ってもないっていうのは意外でしたが。

だからインターネットで購入しています。

便利な世の中になりました。

ちなみに添加物が入っているソーセージを食べるときは、切込みを入れて湯通ししましょう。

湯通しすることで添加物が湯に溶け出し、添加物を減らすことができます。

ダイエット中は魚肉ソーセージ

image5

魚肉ソーセージはその名の通り魚のすり身で作ったソーセージのこと。

魚ですから肉でできているソーセージと比べるとカロリーは低いです。

カロリーと脂質を見れば、普段の料理やお弁当にウィンナーの代わりに魚肉ソーセージ使うと、カロリーダウンになりダイエットにはおススメの食材になります。

私の父は山登りが趣味で魚肉ソーセージをおやつがわりに持っていきます。

手軽に取れるタンパク質なのでしょう。

ですが魚肉ソーセージも添加物がいっぱいです。

是非とも無添加の魚肉ソーセージを選んでください。

もしくは手作りで。

ダイエットにおススメの魚肉ソーセージ!ホントに体に良いものなのでしょうか? まとめ

1.そもそもソーセージはどんな食べ物

2.ソーセージは危険な添加物がいっぱい

3.私を救った無添加ソーセージ

4.ダイエット中には魚肉ソーセージ

これであなたも安全なソーセージライフを楽しめますね。

ソーセージ自体は危険な食べ物ではなく、商品化するために使っている添加物が危険なのです。ダイエットで健康を目指しているのに添加物で健康を害しては意味がありません。食品の安全に興味を持って自分の体を危険な食べ物から守りましょう!


【半額】悪玉コレステロールの値を下げる!「トクホ」の豆乳

気になるニオイにワキのエステ。デオプラスラボ


キャリアから人生相談まで。300名の専門家が、あなたの課題解決をサポート!
匿名・完全予約制【ボイスマルシェ】




今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

インターネットモール通販ランキング第一位男性サプリ

大人のカロリミット お試し2週間分!今ならもう1袋付いてくる!


こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事
No articles