あなたの人生を応援するウェブマガジン!

肝硬変の危険あり!γ-GTP数値を下げる方法とは。

スポンサーリンク

image05

健康診断の血液検査で、γ-GTPが高いと言われた方、または結果を見てちょっと高めかなと思った方、放って置くと肝硬変の危険があります。肝硬変までいかなくても、肝障害は既に起きている可能性があります。

実は私も肝臓を悪くした時に、数値がものすごく高くなったことがあります。結果は肝硬変までいかなかったものの、肝炎を起こしていました。

γ-GTPが高いとはどういうことなのか、高いと何が問題なのか、下げるにはどうしたらいいのか、一緒に学んでいきましょう。

γ-GTPとは

まず、γ(ガンマ)-GTPとは一体何なのでしょうか。

正式名称を「ガンマ・グルタミントランスフェラーゼ」と言い、肝臓の解毒作用に関係している酵素でタンパク質を分解・合成しています。肝臓や胆管の細胞が壊れると血液中にγ-GTPが血液中に流れ出てくることから、肝臓や胆管の細胞が壊れたことの指標とされています。

つまり、γ-GTP自体が何か悪いとか悪さをするとか、そういうことはありません。

あくまでγ-GTPは酵素の一種です。ただ、肝臓や胆管に問題が発生した場合、他の酵素よりも早い段階で反応をします。そのため、血液検査の項目にこのγ-GTPは入っているのです。

つまりγ-GTPの数値が高い=肝臓・胆管に異常がある、ということなのです。

γ-GTPが高いとどんな問題があるのか

image04

先ほど説明したようにγ-GTPが高いといことは、既に肝臓・胆管に問題が発生しているということです。

この場合どんな病気の可能性があるかというと、肝臓病(慢性・急性肝炎、肝硬変、肝臓がん、薬剤性肝障害)や、胆石やがんなどで胆道が詰まった(閉塞性黄疸)、膵臓の病気、心筋梗塞、とこれだけの病気の可能性があります。

もちろんγ-GTPだけでは判断ができないので、他の項目と合わせて診断され、場合によっては精密検査になります。

またγ-GTPはアルコールにとても敏感で、毎日飲んでいる方は高く数値が出ます。そのため、γ-GTPだけが異様に高い場合は間違いなくアルコール性肝障害の疑いです。既に肝硬変に進んでいる可能性もあります。

このようにγ-GTPが高いということは既に異常がある状況なので、高い場合は必ずその原因を調べたほうがいいです。残念ながらγ-GTPが高いことによる自覚症状はほぼないので、血液検査でしかわかりません。気がついた時にはなんてこともありえます。高い時は放置せずに下げるようにしましょう。

ちなみに数値は、男性…50IU/l以下・女性…30IU/l以下とされています。

私が肝炎を起こした時には100を越えました。完全にアウトな数値です。

細かく分類すると

正常値~100…アルコール性肝障害、薬物性肝障害、慢性肝炎、脂肪肝で多くみられる数値。肝硬変、肝がんの可能性もあり。

100~200…アルコール性肝障害、薬物性肝障害、慢性活動性肝炎で多くみられる数値。肝硬変、肝がん、脂肪肝、胆道疾患の可能性もあり。

200~500…アルコール性肝障害、閉塞性黄疸、肝内胆汁うっ帯で多くみられる数値。慢性活動性肝炎の可能性もあり。

500以上…急性アルコール性肝炎、閉塞性黄疸、肝内胆汁うっ帯などでみられる数値。

このように分類されます。

γ-GTPを下げる方法

では、実際下げるにはどうしたらいいのでしょうか。自分でできる方法を集めてみました。

まずは、お酒を飲んでいるなら休肝日を作り少しでも肝臓を休めてあげることです。量を減らしても毎日飲んでいては肝臓は休む暇がありません。できれば週に2日、休肝日を作ってください。それだけで数値は変わります。お酒おやめられない、休肝日を自分で作れないという方は、それはそれでアルコール依存症の可能性があるので、治療してください。

他には食事療法もあります。暴飲暴食は当然ですがダメです。腹八分目を心がけることが大切です。油物も減らしたほうがいいでしょう。

また、肝臓はタンパク質で構成されていますので、良質なタンパク質を取ることもいいです。たまごや大豆、牛乳なんかがそうです。あとは肝臓にいいとされる「しじみ」を食べることです。毎日食べるのが難しくても今はサプリメントという便利なものがあります。自分の身体にあったサプリメントを試すのもいいと思います。ただし、医師から薬が処方されていたり食事指導が入っている場合は必ず飲んでも大丈夫か確認をしてください。

そして、適度な運動です。激しい運動は実は肝臓に負担をかけてしまうのでお勧めできないのですが、軽く汗をかくくらいのウォーキングなどいいんじゃないでしょうか。

肝硬変の危険あり!γ-GTP数値を下げる方法とは。まとめ

image02

肝臓は沈黙の臓器です。気がついた時には悪化していることが多々あります。

昔は肝硬変は不治の病でしたが、今は治せる病気になってきています。

それでも肝硬変まで進んでしまえば、治療は難しいのも事実ですし、合併症の危険もあります。決して楽観視は出来ません。

もし結構診断でγ-GTPが高いと言われたら、生活を見なおして少しでも数値が下がり健康になるように頑張りましょう。

肝臓の味方レバリズム・L!!その評判と効果は?


キャリアから人生相談まで。300名の専門家が、あなたの課題解決をサポート!
匿名・完全予約制【ボイスマルシェ】





今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

インターネットモール通販ランキング第一位男性サプリ

大人のカロリミット お試し2週間分!今ならもう1袋付いてくる!

関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)