あなたの人生を応援するウェブマガジン!

怖~い紫外線!しっかりカット!日傘で!

スポンサーリンク

image1

春先から夏にかけて紫外線をすごく意識しますよね!

陽射しが痛いくらいの夏の季節の紫外線は強烈です!カラダに悪影響の強い紫外線を防ぐことは美容のためにも健康のためにも必要なんです!

暑さを軽減して紫外線も防いでくれる日傘。「日傘は荷物になるから使わない!」なんて言わずに美しさを保つためにも紫外線対策に日傘をお使いになりことをおすすめします!

紫外線について

image2

ご存知の通り紫外線は一年中、私達にふりそそいでいます。中でも3月から9月にかけては最も紫外線が強い時期と言われています。

昔は夏になるとわざわざ小麦色になったものですが(昭和生まれなもので^^;)、オゾン層が破壊され紫外線が強くなっている今、やはりブームにのって美白を目指す方が良いのかもしれませんね。

家の中でも車の中でも何処にいても紫外線からは逃げられません。

ビタミンDを生成するためには紫外線が必要と言われていますが、肌の老化や皮膚がんの原因になることも明らかになっています。

一日中浴びている紫外線ですから特に紫外線量の多い外を歩くときには日傘を使ったりしながら上手にUVケアをしましょう。

日傘の効果

image3

日傘のいいところは、まず直射日光を防いでくれるので涼しく感じますよね。

そして問題の紫外線ですが、上からの紫外線には効果的を発揮してくれます。

というのは、紫外線は360度から容赦なくふりそそいでいますので残念ながら日傘だけでは決して安心とは言えないかもしれないんです。

ですから日傘+日焼け止めクリームでのケアなどは必要だと思います。

また、日傘にはUVカット効果の期限があるということをご存知でしょうか?

多くの日傘は生地を作る工程でUV カットの薬品を混ぜているそうです。つまり肌用のUVクリームの様にその効果には限界があるというわけです。

因みにUVカット加工と表示のある日傘の効果は2年~3年程度。雨晴れ兼用であれば雨でUV効果が落ちやすいため1年程度だそうです。

あなたが愛用している日傘は大丈夫ですか?

効果的な日傘ってどういうもの?

種類豊富な日傘にはどんなものがあるのでしょうか?また、どんな日傘が効果的なのでしょうか?

簡単にご紹介しますね。

・UV加工されているものを選びましょう。

・生地が厚いものは紫外線カット効果も高いそうです。

・白色に比べると黒色の方が紫外線をカットしてくれます。。

・内側は黒色のものを選ぶと地面からの照り返しなどにも効果的です。

※デザイン重視の日傘の中には紫外線カット効果がほとんどないものがありますので注意しましょう。

効果抜群の日傘を見つけよう!

最近はデザインもすごく豊富な日傘で何を買おうかと迷っちゃいますね。

せっかく買うのでしたら、しっかり役に立ってくれるお洒落な日傘を見つけましょう^^♪

毎日使うのでその日のファッションに合うように何本か用意したら楽しくて日傘の面倒くささも解消されるかもしれませんね♪

爽やかで可愛いデザインがお好みでしたら…

コチラ

スタイリッシュなデザインを求めるなら…

コチラ

しっかりガードしたいなら…

コチラ

お手頃でキュートなタイプがお好きでしたら…

コチラ

※オススメはこれ
焼けたくない人のための日傘


怖~い紫外線!しっかりカット!日傘で! まとめ

image4

・肌の老化や皮膚がんの原因の紫外線は可能な限りカットしましょう!

・日傘には1年~3年程度のUVカット効果の期限があります。

・日傘だけではなくUVカットクリームを肌に塗ることも大切です。

・紫外線カット効果が高い地厚で黒目のタイプを選ぶようにしましょう。

短い夏です。確かに暑くて汗もかいて大変なこともあるけれど、外に出ないなんてもったいないです!

お気に入りの日傘を見つけて涼しげに外に出てはいかがでしょうか。

焼けたくない人のための日傘



【半額】悪玉コレステロールの値を下げる!「トクホ」の豆乳

気になるニオイにワキのエステ。デオプラスラボ


キャリアから人生相談まで。300名の専門家が、あなたの課題解決をサポート!
匿名・完全予約制【ボイスマルシェ】




今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

インターネットモール通販ランキング第一位男性サプリ

大人のカロリミット お試し2週間分!今ならもう1袋付いてくる!


こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事
No articles