あなたの人生を応援するウェブマガジン!

結婚するには親と絶縁するのは正解?自分自身の選択肢は?

スポンサーリンク
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

 結婚は自分の人生に置いて大きな選択を迫られるイベントの一つですね。友人知人や御兄弟、そして勿論自分自身を結婚まで育ててくれた親御さんに祝福をして貰いたいとい思う方は多いと思います。

 ですが、両親又は母や父どちらかに反対されてしまい祝福どころでは無い事態、更には結婚するならば親子の縁を切る「絶縁」を宣告されてしまう人も残念ながら少なくは無いと思います。

 親子の縁というものは他者が干渉するにはかなりデリケートな問題です。親子と言っても別々の人間、別々の個性です。

 それに子(又は親)が耐えられないから最終手段として行われる「絶縁」も現代では多くは無いですが少なくも無いという事も事実です。

 ですが、出来るならば、結婚後も親子でありたいという気持ちを抱えながらも「絶縁」という選択を選ばざるを得ない事態だって少なくは無いと思います。

 今回はこちらのケースで行われる「結婚」と「絶縁」に付いて考えてみようと思います。

もし悩んでおられる方がいらっしゃるならば「こういう考えの人間」もいるという程度で大丈夫なのでお付き合い頂けると嬉しいです。

「結婚をするなら縁を切る」と言われた時

 男女が結ばれて新しい家庭を築く「結婚」は結婚する二人が決める事ですが、2人だけで完結をする事は難しいというのが現実です。

 双方の親御さんにお互いのパートナーが認められ親族として迎え入れて貰えるからこその「祝福」があります。

 ですが、妻となる女性もしくは夫となる男性がお互いの親御さんに認められなかった場合「結婚」は許して貰える事はまず無いでしょう。

 親御さんからすれば、大事な子供を他人に渡す訳ですのでその渡す相手に対しての理想はあると思いますし、最低限「結婚後不幸にならない」事を望む親が多い訳なので借金があるとか、相手の年齢の差が開き過ぎている等々明らかに結婚後の子供の生活に不安を感じる場合は「認めたくない」という親御さんは多いと思います。

 それこそ物語の世界であるような「自分の子供が決めた事だから信じる」という心境を持てる親御さんは多くは無いと思います。

 他にも、相手には問題は無いけれども相手の向こう側の親族に不安があれば認めるのは難しいのでは無いでしょうか?

 あえて、自身の子供を不幸にする選択をさせる親はあまりいないと思います。

 それでも、それは結婚する本人達では無く言い方は失礼になりますが「部外者」となってしまう親の意見です。

 そこで親子の間に溝が出来てしまい「結婚するならば縁を切る」という事にまで発展してしまう事があります。

 そこで大事にすべきなのは親の意見か自分自身の考えか…となります。

 一番は自分自身の為になる行動だと思います。親の意見を尊重し、結婚をあきらめた場合、後々に来るかもしれない「あの時結婚しておけば良かった」という感情に対して「親が反対したから」という理由が加算されます。

 結婚しなかった後悔と親の所為で結婚出来なかったという理由が結局親子間を悪くしてしまう事が多いと思います。

 後々後悔をする事になっても人の所為で発生した後悔と自分自身で決めた選択からの後悔は違います。

 だからこそ、自分の事を一番に考えた選択をするべきだと思います。

 何も即決しなくてはならない訳ではありません。親御さんに反対された時迷ってしまう人だっていると思います。

 それは相手を疑うってしまった…という事では無く相手やその向こう側と再度向かい合う機会だと思います。その結果自身が「結婚をしない」という選択になってもそれは自身が決めた事ですので後悔は起きても人の所為にはならないのですから。

 親御さんに反対されても「結婚したい」という気持ちがお互いにあり、結婚後の生活も路頭に迷わない地盤があるのならば「絶縁」と付きつけられても自分たちを尊重するのが一番だと思います。

 でも、本当は絶縁なんてせずに「これから幸せになる」事を祝福して貰いたいですよね。

絶縁をするってどういう状態?方法は?

 そういえば、縁を切ると言われて「絶縁」という流れになった場合ですが。本当に「血縁関係の絶縁」は可能なのでしょうか?

一応調べてみた結果、法的に血縁を切る方法は無いそうです。

 

 法律的に親には子が20歳になるまで強い扶養義務が課せられるようで、20歳を超えた時に子が経済的に自立していなければその義務が続くらしいです。

 

 「親子の絶縁」状態は親子で離れてその後も一切連絡を取らない状態のようですね。「親(子)はもう死んだモノと思っている」と絶縁をして一切の交流を断っても実は「親子の縁」は切っても切れ無い事だったようです。

選択は自分自身「絶縁」をした後は…

2

 絶縁を経験した方々の話を読んでいて意外と「絶縁した後も心に引っ掛かりが出来て和解出来るならしたい」という方が数いらっしゃいました。

 法的に血縁を切る事は不可能という事実は人によっては「不幸」になります。ですが引っ掛かりを感じてしまう方々にとっては「幸い」なのでは無いでしょうか?

 どうしようもない関係の溝から「絶縁」となってしまう親子間もありますが、絶縁後も心に引っ掛かりが出来る、出来るなら和解をしたいと思う気持ちがあるのならば「絶縁」の後に関係を修復する事は出来ると思います。

 親御さんは子供が不幸なるかもしれないという理由から起る「反対」でしたらしっかりとお子さんである貴方を見ています。

 時間が経っても自分はちゃんと幸せになりましたという姿を見せる事が出来れば「和解」も難しくは無いのではないでしょうか?

 

 もし間に入ってくれる親戚や御兄弟がいらっしゃるならば協力をしてもらっても良いと思います。

 自分のお子さん、親御さんにとっては孫の顔を見せる事が出来れば自信は幸せだと言う事を伝えられると思います。

 

 後悔しない選択をして時間がかかっても修復が出来れば、遅くなっても「祝福」をして貰えるのでは無いでしょうか?

結婚するには親と絶縁するのは正解?自分自身の選択肢は?まとめ

・様々な問題から結婚を反対される場合はある

・絶縁を言われた時に優先すべきは自身の考え

・法的には血縁者の絶縁は不可能

・時間が掛っても修復できる関係もある

…以上でしょうか?

 今回はどうしようもないパターン(毒親問題)では無い方面を考えてみましたが、どうしようもない理由ではなくお互いを考えたからこそ生まれた溝は時間が掛っても埋める事が出来るのではないかと勝手ながらに思います。




キャリアから人生相談まで。300名の専門家が、あなたの課題解決をサポート!
匿名・完全予約制【ボイスマルシェ】





今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

インターネットモール通販ランキング第一位男性サプリ

大人のカロリミット お試し2週間分!今ならもう1袋付いてくる!

関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)