あなたの人生を応援するウェブマガジン!

カレーダイエットは効果がある?気になるその方法とは…

スポンサーリンク

image05

世の中、本当に次々といろいろなダイエット方法が出てくるものですね!

 

今度は、カレーダイエットです!!

私は、またまた、はじめて聞いたダイエットです!!

言葉の通りなら、カレーを食べてダイエットをする…..という事ですかね?

カレーといえば、カロリーがかなり高いイメージがあるのですが、

カレーで、ダイエットってできるんでしょうか?

できるとしたら…. きっと食べ方や種類があるのかな?と思います。

 

どんなカレー?

いつ、どのくらい食べる?

いろいろ気になって、知りたくなってきました!

そして、一番気になる事は、何かというと!!

 

やっぱり、効果があるか??と、いう事でしょうね〜^^

 

それから、成功するため(または、失敗しないためには)どんな注意点があるか〜と

いう事も気になりますね!!

 

ハイ! ハイ!

調べてみますよ〜!!

カレーダイエットの効果はスパイスにある?

image08

いろいろ調べてみたところ〜

いろいろな情報がありました!!

ちょっと、まとめててみますと〜

 

・カレーはカロリーが高い食べ物なので、カレーを普通に食べていてはダイエットに

ならない。カレーの具材を工夫してカロリーを減らす。脂身の少ないとり胸肉や野菜だけ のカレーなど。ご飯もたくさん食べてしまっては逆に太る(笑)ので少なめに。

 

・カレーに含まれるスパイスが新陳代謝を促す効果があるため、ダイエットにも効果が

あるのでは、という事

市販のカレールーにもスパイスは含まれるが、市販のものは糖質も脂肪も多いので

カレー粉とスパイスで手作りがオススメ。

 

・カレーに使用するスパイスの辛みで唐辛子などに含まれるカプサイシンという成分が

新陳代謝を促す効果があるが、カプサイシンでのダイエットは、それを摂るだけでは

効果がなく、摂った後に有酸素運動をする事で、脂肪燃焼を早めてくれるので、ダイ

エット効果がある、との事でした。

 

う〜ん。なるほどですね。スパイスで効果があるというのが、カレーダイエットですか!

カプサイシン、という成分の話もはじめて聞きましたが、唐辛子やコチュジャン、ラー油

豆板醤、タバスコなど辛い食品に含まれている、との事です。

辛いものを食べて運動すれば、脂肪を燃焼して、ダイエット効果がある、という事なんで しょうか〜。辛いもの苦手な人は、とてもできないわ〜という

人にサプリメントもあるそうです!

 

辛いものを食べて、すぐ運動….なんてできるんでしょうか??

サプリメントなら、まあできるかも?ですが…..  う〜ん^^

 

どうでしょうか〜??

 

ちょっとやってみようかな〜!という気持ちになりましたか?

 

そして、食べる時間帯ですけど、身体が活発に動く前ということで

 

やっぱり朝なんですね〜^^

 

朝カレーダイエット?朝からカレーを食べる効果は?

image06

カレーに含まれるスパイスでダイエット効果があるとしたら、活動をする前に食べたほうがよいですね。

だから、朝食べるんでしょうか?

そうです。カレーに含まれるスパイスが新陳代謝をよくするので、朝食べる事で効果があるそうです。そして、スパイスがその役目を果たすので、時間がない時はカレー粉をスープや

味噌汁に入れるだけでも、カレーまでではないですが、効果があるそうですよ♪

 

カレーに入れるスパイスとその効果を調べてみました♪

 

・唐辛子、ターメリック……脂肪を分解する効果

 

・ナツメグ、クミン…….. 便秘を解消する効果、

 

・ガラムマサラ……血行をよくし、新陳代謝をよくしてくれる効果

 

なるほど、スパイスひとつひとつにも効果があるんですね。

カレーの場合は、多くのスパイスが含まれるのでさらに相乗効果があるそうです。

スパイスを摂ることの効果として、ダイエット効果の他にも、身体を温める事で冷え性を改善したり免疫力をupして、病気を予防したりと健康にもよいということがあるそうです♪

その場合は、カレーだけを食べずに果物やヨーグルトをプラスすると、

 

はあああ、なるほど

 

朝カレー!! ダイエットの他にもよい効果があるとは…..知りませんでした。

そして、気になる昼と夜の食事ですが….腹8分目くらいに食べれば、何を食べてもよい、と??

 

いろいろな情報があるのでどれが、ホントなんだか??

でも、カレーは、朝食べて、ご飯は少なめに。

昼、夜は腹8分目に食べるということが、カレーダイエットということのようですね。^^

 

 

市販のカレー粉でもよいということですが、手作りならさらに効果がありそうなので

 

手作りダイエットカレー作りにチャレンジしたくなりました。

カレーって難しそうって思うかもしれませんが、そうでもないですよ♪

簡単な作り方をご紹介しますね。

 

簡単! ダイエットチキンカレーを作ってみよう

image09

(材料)2人分

 

とり胸肉  150g

ヨーグルト 大さじ1

ブイヨン  小さじ2

生姜    1片

トマト   1個

たまねぎ  1玉

 

カレー粉  小さじ3

コリアンダー小さじ2

クミン   小さじ2

ガラムマサラ小さじ1

チリパウダー小さじ2

水     350cc

 

 

(作り方)

 

①生姜と玉ねぎをみじん切りにする。トマトは1cmくらいの角切りに、とり胸肉は

1口サイズに切る。

 

②水(分量外)、玉ねぎと塩を鍋に入れ、少し炒めます。

③玉ねぎが透き通った色になったら生姜を加え、生姜が柔らかくなるまで炒めます。

④トマトを鍋に入れます。カレー粉とスパイスを入れてよく混ぜながら炒めます。

⑤とり肉を入れ、肉の色が変わってきたら水とブイヨンを入れフタをして20分ほど

煮込む。煮込み終わったら火を消し、ヨーグルトを加えます。

⑥完了です。お皿に盛り付けてお召し上がりください^^

 

スパイスの効いたチキンとトマトのカレー煮込み?みたいな感じですね。市販のものとは、また違う美味しさですね!

スパイスを一つ一つ揃えるのも大変~、簡単に作ってみたい場合は、カレーミックススパイス(カレー粉とスパイスが一緒になったもの、チャーハンなどに使う)で代用してもよいかもです!

気になる効果と失敗しないための注意点は….

カレーダイエットの内容と方法は、わかりましたが一番気になるのは、効果と失敗しないための注意点ですね!

どんなダイエットも成功する人と効果がない人がいます。効果もすぐ出る人と出ない人、続けられる人と続かない人がいます。

残念ながら、カレーダイエットが成功しやすい、すぐに効果が出た!というお話はあまり聞かないようですね。

でも、続けないと効果もわからないのでまず続けてみる事ですが、ご飯を多く食べてしまい、失敗しないように!

カレーをかけるとご飯たくさん食べたくなりますね〜笑

そして、刺激物なので胃の悪い人は続けて食べない方がよいですよ〜^^;

それぞれ、自分にあったダイエット方法を選ぶ事をオススメします!

では、まとめです〜!!

 

カレーダイエットは効果がある?その方法とは、のまとめ

 

1)カレーダイエットの効果はスパイスにあるということ。カレーに含まれるスパイスが

新陳代謝を促す効果がある。唐辛子など辛い食品に含まれるカプサイシンは新陳代謝

を促す効果があるが、食品を摂るだけでは効果がなく、摂った後に有酸素運動をする

ことで脂肪燃焼を早めてくれるのでダイエットになるとのこと。

 

2)カレーを食べるのは朝。スパイスの効果で新陳代謝をよくしてくれるため、身体が

活発に活動する前の朝ご飯にカレーを食べる。

ご飯は少なめに。昼、夜の食事は何を食べてもよいが、腹8分目に。

カレーに入るスパイスは、それぞれに栄養効果がある。カレーの場合はたくさんの

スパイスが入るため相乗効果もある。スパイスを摂ることは、身体を温めるので免疫力

のupや冷え性改善など健康的にもよい。

 

3)手作りダイエットチキンカレーを作ってみよう。レシピ紹介。

4)カレーダイエットの効果は、続けてみないとわからない。どんなダイエットも合う、合わ

ない、続く人と続かない人があるので自分にあったダイエット方法を見つけること。

失敗しやすいのはカレーのご飯を多く食べてしまうこと、また、続けて食べることで胃の 刺激になるので、胃の悪い人は気をつけましょう〜

 

カレーダイエットのことが少しわかりましたね♪

私は、辛いものが苦手なんでちょ〜っとできそうにないです〜笑

カレーを毎日食べるなんて!!!

無理です〜泣

でも、手作りチキンカレーは美味しかったです。スパイスは身体を温めるというし、

またたま〜に作って食べたいです。

ダイエット関連の記事はこちら!!!

 


キャリアから人生相談まで。300名の専門家が、あなたの課題解決をサポート!
匿名・完全予約制【ボイスマルシェ】





今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

インターネットモール通販ランキング第一位男性サプリ

大人のカロリミット お試し2週間分!今ならもう1袋付いてくる!

関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事
No articles