あなたの人生を応援するウェブマガジン!

新幹線の旅!!赤ちゃん連れての乗車に覚えておくと良い大事な事は?

スポンサーリンク

1

旅行や実家に帰省の際、小さいお子さんがいらっしゃると何かと大変ですよね?大人にとってはそれほど苦にならない移動時間も子供、特に小さいお子さんにとってはかなり辛い時間だと思います。故に親御さんはお子さんを気にしながら移動しなくてはなりません。新幹線等の公共の乗り物の際は特に、退屈して走り回る、他の席に移動して遊ぶ等の事をして、他の乗客の方々にご迷惑をかけないようにしなくてはなりませんね。

とにかく、お子さん連れの旅は大変です。

 

それは、物心の付いていない赤ちゃんでも同じです。新幹線での移動は大丈夫?

どれ位に時期から乗せても大丈夫??等々心配は尽きません。

 

ですので、今回は赤ちゃんを連れて新幹線に乗る場合に覚えておくとまず損は無い大事な事を一緒に調べていきましょう!!

 

赤ちゃんの料金は?いつから乗せて大丈夫?

2

いざ、赤ちゃんと一緒の旅行になると一番の心配は、新幹線に乗せても大丈夫なのか?という事だと思います。

大人には苦にならないですし、お子さんでも退屈という辛さがありますが大体は大丈夫ですが、乳児にとっては慣れない上に閉鎖された空間に短くても30分はいなくてはならないので体の負担を考えると難しいと思います。

 

基本的には1ヶ月健診で問題無ければ大丈夫ですが医師からの許可は貰っておくほうが良いらしいです。

赤ちゃんは早くて1~3カ月で首が座っている子も少なくは無いですが。

初出産ですと不慣れな事も多々あります。ですので、行楽目的の旅行はこの時期は避けた方が良いかもしれません。

 

しかし、急遽里帰りが必要になった等々、仕方ない場合もありますのでその場合は医師の許可を頂ければ問題はありません。

 

4~5カ月経って赤ちゃんが自身で首を動かせるようになっていればしっかりと首が座った状態なので旅行は大丈夫だと思います。

不安と感じたなら迷わずにまず医師に相談をしてくださいね。

 

赤ちゃんの料金ですが、基本的に乳児や幼児は無料ですが、グリーン車や指定席を利用する場合は一座席分の料金がかかります。

自由席ならタダですが混雑している場合は良い席が取れない場合も多いので赤ちゃんの事を考えるなら多少お金がかかっても席の選べる指定席等を選択した方が良いと思います。

 

かなり大事!!席はどこを確保するべき?

 次ぎに、意外と重要なのが「座る席」です。先程も述べましたが混雑した場合自由席だと良い席に座れないという場合があります。

では、良い席とはどういう席なのでしょうか?「移動し易いように通路側?」「広く使えるように3人用?」…はい、一番良い席は一番前か後ろで通路側の席です。

 

どんなに事前におむつの交換や赤ちゃんのご機嫌取りをしても、おむつ交換は必要になりますし愚図って泣いてしまう場合の方が圧倒的に多いでしょう…。その時に出入り口に近い一番前か後ろの席であれば他の乗客の方に迷惑をかけないでスムーズに移動する事が出来ます。

 

そして、旅行となれば赤ちゃんを乗せて移動するベビーカーも必要な方は多いと思います。その時その配置の席であればベビーカーを置いておける位のスペースがあります。ですので、乗車の時は一番前か後ろを選んで乗車、もしくは指定席等でその席を選択しておくのが良いです。

おむつ交換

乗車中におむつ交換が必要になった場合どうすれば良いのか?と不安になる方はいらっしゃると思います。

新幹線にはおむつ交換や授乳を出来る多目的室という部屋があります。おむつ交換や授乳はその部屋を利用して行うと良いです。

多目的室のある車両は新幹線によって異なるので事前に、調べてみる、指定席を選ぶ際に駅員の方に質問してみるのも良いと思います。

多目的室を使用したい場合は乗車員さんの許可が必要になるのでご注意を!

 

赤ちゃん連れでの乗車の際必要なモノは?

3

赤ちゃんを乗せて公共の乗り物を利用するので自宅のお車を利用する以上の注意が必要になります。とにかく用意して置いた方が良いという物が多いです。

おむつを交換した際におしりを拭いてあげる「おしりふき」や使用済みのおむつやゴミを入れておく「ビニール袋」は必要ですね。

他にも服を汚してしまう事だってあるでしょうから着替えは多めに用意した方が良いでしょう。赤ちゃんの気を紛らわす為にジュースや離乳食も必要かもしれません。

そして、ジュースやお菓子を食べている際にシートにこぼしてしまった等々の理由でシートを汚してしまった際に綺麗にする為にガーゼやタオルも必要だと思います。

 

愚図ってしまった場合落ち着かせる為に母乳を…と思います。ですから、哺乳瓶とお湯、そして粉ミルクも準備していざという時に備えるのも大事です。

おもちゃで遊ばせるのも良いのですが音が鳴るおもちゃですと他の方の迷惑になりかねませんので音のならないおもちゃを選択して下さい。

 

車両を移動する際に通路の広さの都合でベビーカーでの移動は難しい場合もあります。その時に役に立つ抱っこ紐等も準備して置くと良いですね。

 

とにかく念には念を入れての準備は大事です。特に初めて赤ちゃんと旅行という場合でしたら特に念を入れての準備はしておいても損は無いと思います。

 

新幹線の旅!!赤ちゃん連れての乗車に覚えておくと良い大事な事は?まとめ

・赤ちゃんは首が座ったあたりで旅行は可能だけど医師の許可は取っておいた方が良い

・新幹線は赤ちゃんや幼児は基本無料、指定席・グリーン車の料金は必要

・席は一番後ろか前の通路側が最適

・おむつ交換や授乳には多目的室を利用するのが良い

・準備はとにかく念には念を入れて

…以上です。

 

赤ちゃんを連れての旅行となると色々気を張ってしまいますがあまり緊張してしまうと赤ちゃんにも伝わって余計に愚図る原因になってしまいかねませんので念入りに準備や下調べをして当日はどんと構えるのが良いのではないかと思います。




【半額】悪玉コレステロールの値を下げる!「トクホ」の豆乳

気になるニオイにワキのエステ。デオプラスラボ


キャリアから人生相談まで。300名の専門家が、あなたの課題解決をサポート!
匿名・完全予約制【ボイスマルシェ】




今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

インターネットモール通販ランキング第一位男性サプリ

大人のカロリミット お試し2週間分!今ならもう1袋付いてくる!


こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)