あなたの人生を応援するウェブマガジン!

尿酸値高めの方必見!ビールはOK?NG?ビールとの上手な付き合い方

スポンサーリンク

image1

夏といえばビール!

ビール好きの私に取って、夕暮れ時の1杯は、まさに至福の瞬間・・・

仕事帰りの駆けつけ1杯も、最高に美味しいですよね。

キャンプや海水浴にも欠かせない、

夏の必須アイテムです。

でも、尿酸値が高めの方に取って、

その一杯を飲んで良いのか、ダメなのか、

ビールだけがだめなのか、ビール以外なら良いのか、

気になるところだと思います。

そこで、尿酸値高めの方も、

しっかりと知識を持って、

健康を害さずに、上手にビールと付き合っていく方法をご紹介します。

ビールはOK?NG?

尿酸値高めの方は、

ビールはなぜNGと言われるのでしょうか?

そもそも尿酸は、人体の情報やエネルギーを受け持つ物質が分解されて出来た老廃物です。

この老廃物(尿酸)が体内にたまり過ぎると痛風になってしまいます。

その尿酸の材料がプリン体なのです。

そして、このプリン体が多く含まれているものがビールなのです。

だから、尿酸値高めの方はビールは控えた方が良いと言われているのですね。

じゃあ、ビール以外のお酒ならOK?ということになるのでしょうか?

ビール以外のアルコール

そもそもビールにはプリン体が多く含まれています。

そして、ビールの飲み過ぎがきっかけで、痛風の発作を引き起こす方が多いため、

尿酸値の高めの方は、ビールは控えるようにと指導する医師が多いのです。

実際は、アルコール全般に尿酸値が上がるため、ビール以外なら良いという訳ではありません。

「ワインや焼酎なら大丈夫。」ということはけっしてありません。

じゃあやはり、尿酸値高めの方はビールを飲んではいけないのでしょうか?

プリン体ゼロのビール

そこで各ビール会社が提案しているのが、

“プリン体ゼロ”のビールです。

「プリン体ゼロだからじゃんじゃん飲んでも大丈夫。」

実はそうでもないのです。

プリン体ゼロのビールは、ビール本来のうまみ成分=プリン体が入っていないので、

ビールより味が落ちると言われています。

そして、プリン体の味を再現するために、

各種添加物を配合しています。

その中に合成甘味料のアセスルファムK(カリウム)があり、

免疫力低下や、肝臓にダメージを与える可能性があるのです。

尿酸値が高い方はやはり、アルコールを控えるしか道はないのでしょうか?

プリン体の多い食品

プリン体はビールだけに含まれている訳ではありません。

どの食品にも含まれているのです。

たとえば、

煮干し、干しシイタケ、鶏レバーなどには多く含まれています。

カツオやまいわしにも多く含まれています。

要するに、ビールを飲む時に何も食べずに飲む方より、

当然食べながら飲む方の方が多いですよね。

食品にもプリン体、ビールにもプリン体・・・

痛風にもなってしまいそうです。

それでは、どうすれば、尿酸値の高めの方はビールを楽しむことが出来るのでしょうか?

尿酸値を抑えて、楽しく飲もう!

尿酸値が高いので、ビールを控えなければならなくなるくらいなら、

いっそのこそ、尿酸値を下げる努力をしてみてはいかがでしょうか?

そう簡単に下がるものではないかもしれませんが、

禁酒するよりは辛くないかもしれません。

すぐにできそうな方法を少しご紹介しますね。

image2

  • 水を飲む。

えーそれだけ?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

実は、水を飲んで尿酸を体内から排出するということは、

とても大事なことなのです。

でも、1日2リットルは飲んだ方が良いと言われています。

そんなに飲めない・・・

という方は、麦茶でも良いのです。

特に夏は、脱水症状になりがちです。

脱水症状は痛風症状を悪化させる原因になってしまいます。

積極的な水分補給は大事なことです。

  • 軽い運動

激しい運動は逆効果になります。

階段を使う、ひと駅歩く、程度でOKです。

肥満は、やはり万病の元です。

適度な運動は大切ですね。

  • 一杯のコーヒー

コーヒーを1日4、5杯飲む方と飲まない方では飲む方の方が尿酸値が下がるようです。

コーヒー党の方なら楽な方法ですが、

普段飲んでいない方なら、朝1杯だけコーヒーを飲んでみてはいかがでしょうか?

コーヒーに含まれるクロロゲン酸という抗酸化物質が、

インスリンの感受性を改善するそうです。

インスリンと尿酸は関係が深くて、

インスリンが低下すると尿酸値も下がるようです。

尿酸値高めの方必見!ビールはOK?NG?ビールとの上手な付き合い方 まとめ

1.水を飲む。

2.軽い運動をする

3.コーヒーを飲む

加えて、プリン体の多い食品の摂取を制限する。

この方法で尿酸値の上昇を抑えましょう!

ただ、これだけで尿酸値が完全に下がる訳ではありません。

飲み過ぎては、せっかくの努力も無駄になってしまいます。

適量を守って楽しくビールと付き合っていきましょう。


キャリアから人生相談まで。300名の専門家が、あなたの課題解決をサポート!
匿名・完全予約制【ボイスマルシェ】





今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

インターネットモール通販ランキング第一位男性サプリ

大人のカロリミット お試し2週間分!今ならもう1袋付いてくる!

関連記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)