ダイエット 健康

人工甘味料VS砂糖[危険!]本当にあなたを太らせてしまう食べ物はどっち?

更新日:

スポンサーリンク

image1

ダイエットする時に誘惑されるのが甘い食べ物。

どうしても食べたくなって我慢できなくなります。

そんな時に強い味方となるのが人工甘味料です。

でも、人工甘味料って砂糖とどう違うのでしょうか。

そして、本当にそれでダイエットを成功できるのでしょうか。

そんな疑問に答えながら、私が体脂肪率10%を維持している秘訣をお教えします。

 

 

ダイエットのお供「人工甘味料」

ダイエットをしていると我慢しないといけないのが甘いものですよね。

私もランニングする時には甘いものは控えて、脂肪が燃焼するような体質づくりを心掛けています。

甘いものを食べてしまうと、糖質をエネルギー源に運動するので、どれだけ頑張っても脂肪が減りません。

運動した時に脂肪がたくさん燃焼してくれるように、甘いものは食べずに運動するのがダイエットの基本ですよね。

でも、甘いものを食べてはいけないと言われると、食べたくなってしまうのが悲しき人の性。ついついチョコレートとかのお菓子を口にしちゃいます。

そんな時に大活躍してくれるのが「人工甘味料」です。

カロリーオフ・カロリーゼロで甘みを届けてくれる素晴らしいものです。

今やたくさんの食品に人工甘味料が入っています。

ちなみにカロリーオフとはカロリーが全くないという意味ではなく、低カロリーの場合に使われる表現です。

清涼飲料だと、100mlあたり20kcal以下だとカロリーオフとなります。

カロリーゼロは5kcal未満でないと表示できません。

 

 

人工甘味料と砂糖はこれほどに違う

image2

人工甘味料は甘いのにカロリーゼロ、もしくは低カロリーです。

砂糖と比べてみるとよくわかります。

砂糖は100gで384㎉のカロリー量です。

これはご飯1膳(約160g)のカロリー量269㎉よりもはるかに多いです。

例えばコーラ500mlに含まれている砂糖は約55g。

カロリー量はなんと225㎉にもなります。

これが人工甘味料を使ったカロリーゼロのコーラだと500mlで多くても2㎉です。

人工甘味料はカロリーゼロや砂糖よりも低カロリーなのに、砂糖の200倍から600倍もの甘さがあります。

例え少しカロリーを含む人工甘味料だとしても、使う量は砂糖に比べれば少しですみます。これはダイエットする僕たちにとっては素晴らしい商品ですね。

 

 

でも、人工甘味料って安全なの?

重要なのは、そんな素晴らしい人工甘味料は体に安全なものなのかですよね。

スポンサーリンク

例えカロリーオフ・カロリーゼロでも、体に害があるなら食べられません。

で、人工甘味料はどうなのでしょうか。

化学合成されて作られた、自然界にはない甘味料。

それが人工甘味料なんですが、こう聞くだけでも身体に悪そう。

権威あるイギリスの科学誌「ネイチャー」には、人工甘味料が糖尿病のリスクを高めているとする論文が発表されています。

この論文の内容が全て正しいのかは、これからまだまだ研究がされないとはっきりしないようですが、様々な実験の結果から次のような危険性が言われています。

うつ病、失明、脳障害、頭痛、不眠症、情緒不安定、腎機能低下など。

現代病といわれているアレルギー疾患の原因説もあり、非常に安全性には不安があるものなんです。

それをカロリーオフだから、カロリーゼロだからといって大量に食べたり飲んだりしていると、健康に悪い影響があるかもしれません。

だから、僕はこういったものは一切摂らないようにしています。

 

 

甘いものを食べたくなったらこれを食べろ

image3

砂糖もダメで救世主の人工甘味料もダメ。

こうなるとやっぱりダイエットしているんだし、甘いものはあきらめるしかないのかと落胆していました。

でも、そんなある日、スーパーで見つけたんです。

「これなら大丈夫な気がする」

それで調べてみると、どうやら砂糖や人工甘味料に比べれば断然安心して食べられるみたいだとわかりました。

そんな安心して口に運べる甘いものは、果物です。

果物に含まれている果糖はフルクトースと言われていて、上質な糖分なんです。

フルクトースはインシュリンの分泌があまりされず、血糖値に大きな変化を起こさない糖分です。

当然、摂りすぎるとよくありませんが、1日に必要な量を摂るだけなら、砂糖や人工甘味料に比べてめちゃくちゃ安全な甘味です。

甘いものが欲しくなったら、というか1日に必要な糖分は果物やハチミツから摂っておけば健康的なのは間違いないですね。

そして、インシュリンも分泌されないので、脂肪の燃焼効率もよくなります。

ダイエットにはもってこいの甘味ですね。

 

 

人工甘味料VS砂糖についてのまとめ

・人工甘味料は甘いのにカロリーゼロやカロリーオフの超優れもの。

・まさにダイエットのお供。

・砂糖のカロリー量はご飯の2倍以上

・人工甘味料は砂糖の数百倍の甘さがあるのに、カロリーゼロや低カロリー。

・でも、人工甘味料は健康被害の不安が多く発表されている。

・砂糖や人工甘味料ではなく、果物やハチミツからフルクトースを摂れば健康的。

人工甘味料に関する記事はコチラ!!


Q:サプリメント、化粧品などを 実質無料で手に入れるには?
A:以下のサイトで ポイントを貯めて買うのが正解^^
ハピタス



人気記事

1

悪玉コレステロールを減らすサプリメントトップ5を紹介‼ 悪玉コレステロール(=LDLコレステロール)が血液中に多くあり過ぎると、脂質異常症となってしまいます。 脂質異常症になるとドロドロ ...

2

とうとう買いました! 先日の健康診断で 物凄い数値を更新した 中性脂肪対策に ニッスイ イマークSを買っちゃいました! だって 中性脂肪のこと 調べてたら もう 怖い事ばかり書いていて・・・・・ 血管 ...

3

スポンサーリンク あー最近、たたねーなー(おいっ直接的な表現はやめろ)。 あー最近、元気がなくなったなー(そうそう、それそれ)。 えっ何がって、さっきたた…っと失礼(笑)、そりゃ、あれですよ、あれ。 ...

4

スポンサーリンク ある夏、僕は男女の友達たちと海に出かけました。 水着に着替えて、男友達の身体を見て急に変な汗をかきました。 みんなスポーツマンで普段から鍛えていて、いわゆる細マッチョ。 男の僕から見 ...

5

スポンサーリンク ペットとして飼われているわんちゃん。いつまでも元気でいて欲しいですよね。   我が家のチワワちゃんも今年12歳を迎え、人間でいうと64歳くらいなんですね。 まだまだ元気でお ...

6

スポンサーリンク 加齢によって目元はどうしてもたるみがちになるわけですが、それも味があっていいとは個人的に思いますがね、 それをよしとしない輩…もといよしとしない方が多いのも事実。   今回 ...

-ダイエット, 健康
-,

Copyright© MY LIFE! , 2019 All Rights Reserved.