人工甘味料はインスリンが分泌されない?カロリーオフがダメな理由

image1

カロリーオフ製品には人工甘味料が使われていますが、あれって本当に太らないの?本当に安全なの?と疑問はつきませんよね。

僕はお腹を引き締めるために走り始め、いつのまにか市民ランナーとしてフルマラソンに出走する日々を送っています。

太るのは厳禁なマラソンという競技。

糖質には敏感です。それでも時には甘いものを口にしたくなります。

人工甘味料は本当にダイエットの強い味方なのでしょうか。

そんな疑問を晴らしてみました。

 

 

インスリンが分泌されるとどうなる?

インスリンが分泌されると太っちゃいます。

ランニングを始めて1か月、毎日ランニングをしても一向に痩せないなぁ~と思っていました。

1日10㎞は走っているのに、全然効果がないんですよね。

相変わらずお腹がたるんだまま。

なんで痩せないんだろうかと悩みました。

自分にはダイエットは無理なのかと思い、色々と調べてみると何やらインスリンというものが関係していると突き止めたんです。

インスリンといえば、糖尿病の人が注射で打つイメージ。

でも、なぜインスリンを注射するのか、とかインスリン自体のことってよく知らなかったりしませんか。

 

 

インスリンって一体なに?

image2

インスリンとはつまり、体の中の糖質をよく使うようにさせるためのホルモンです。

僕はインスリンのことを勉強するまでは、ランニングする前にお腹が空いたからといって食パン一切れ食べたり、お菓子を食べてから走りにいってました。

食パンやお菓子は糖質の塊です。

そんなものを食べた僕の体の中では、血液の中の糖質がグンと増えています。

いわゆる血糖値が上がるというやつですね。

血糖値が上がると正常な血糖値に戻すために、体はインスリンを分泌します。

糖尿病になるとインスリンの分泌が上手くできないので、注射で無理やり体内にインスリンを送り込んであげるんですね。

そして、インスリンは早く糖質を片付けてしまって血糖値を下げるのが仕事なので、糖質をどんどん優先的に消費していくのです。

糖質を優先的に消費していくということは、脂肪はもちろん燃焼しません。

脂肪を燃焼させるために走りにいくのに、僕は自分からわざわざ脂肪が燃焼しにくい状態にしていたんですよね。

それを知ってからは、運動する前には食べるのを我慢するようにしました。

ダイエットしているなら当たり前なんですけどね。(笑)

 

 

インスリンが分泌しないように心がける

ダイエットで重要なのは、「いかに脂肪を燃焼させるか」ですよね。

脂肪を効率よく燃焼させようと思えば、インスリンが分泌されない食生活をすればいいんだと気づきました。

インスリンが分泌されない食事とは、糖質を制限した食事です。

甘いものや炭水化物を食べないようにすればいいんですよね。

ただ、簡単にできれば誰も苦労はしません。

ついつい甘いものには手が伸びてしまいますし、お腹が空けばご飯やパンを食べてしまいます。

どうすればこの誘惑に勝てるのでしょうか。

 

 

ノンカロリー人工甘味料という魔法のアイテム

image3

今や誘惑に勝つ必要はありません。

カロリーオフをうたった商品が世の中には溢れかえっていますよね。

カロリーオフの製品はノンカロリー人工甘味料で甘味をつけています。

糖質はゼロ、もしくはほぼゼロに近いのに甘味がある優れもの。

まさに魔法のアイテムですね。

でも、ノンカロリーといえども甘いものに反応してインスリンが分泌されてしまうんじゃないの?って疑問に思いました。

調べてみると、どうやら人工甘味料ではインスリンの分泌はされないという研究結果があるみたいで、一安心。

甘いものがどうしても欲しくなったときは、カロリーゼロの甘いものに頼ればいいんだとわかって喜んでいたのですが・・・。

 

 

それでも太る人工甘味料

ノンカロリー人工甘味料は、インスリンは確かに分泌されません。

インスリンは分泌されないんですけど、太る可能性があるみたいです。

数々の研究によって、人工甘味料は胃腸内のバクテリアに悪い影響があるとわかっていて、それが原因で太るみたいです。

 

「えー‼意味ねぇぇぇぇぇ‼」

 

インスリンが分泌されなくても、太っちゃうなら、正直いってマズいカロリーオフ製品なんて誰が口にするかと。

結局、ダイエットするなら甘いものは控えるしかなさそうですね。(涙)

 

人工甘味料がどれほど体に悪いのかはこちらの動画をご覧下さい。

 

 

人工甘味料とインスリンについてのまとめ

・インスリンが分泌されると太る。

・インスリンとは糖質をどんどん使うようにするホルモン。

・ダイエットするならインスリンの分泌を抑える食事を心がける。

・ノンカロリー人工甘味料ならインスリンは分泌されない。

・ノンカロリー人工甘味料は、胃腸内のバクテリアに悪影響がでて結局太る。

 

カロリーオフに頼らずに、インスリンの分泌を抑えて、ダイエットを成功に導きましょう。成功はあなたを待っていますよ。

人工甘味料に関する記事はコチラ!!


Q:サプリメント、化粧品などを 実質無料で手に入れるには?
A:以下のサイトで ポイントを貯めて買うのが正解^^
ハピタス



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1.  妊娠・出産をして毎日かわいい赤ちゃんに癒されたり、3時間おきの授乳にクタクタになったりしている…
  2. とっても人気の酵素ドリンクですが、種類がたくさんあってどれにしたらいいか迷いますね。会社や友…
  3. 人生で一番の晴れ舞台、結婚式!大好きな人とこれからずっと一緒にいるためにも素敵な思い出にしたいですね…
  4. 離婚・・・いざ本当に離婚となると、離婚までの心労で何をすればいいかわからないものです。離婚す…
  5. バレンタインの翌月3月14日はホワイトデー…想い人からの気持ちに応える大事な日!!想…
  6.  保育士は、給料の割には仕事がキツイだとか、重労働だとか言われてブラック企業扱いされていますが、…
  7. 介護の仕事を選ぶのは後悔したくないですよね!私も介護の仕事を選ぶ時はどうしていいかわからなくて困った…
  8. 万田酵素、よく耳にしたりインターネットでも“酵素”と入れれば必ずといっていいくらいにヒットします…
  9. 2月14日はバレンタインですね。諸説はもろもろあるようですがこの日は世界各地で「恋人の日」と…
  10. 先日、新生活をスタートさせようと断捨離を決心して始めたクローゼットの整理。捨てられずにいた服を整…
PAGE TOP